• 永久脱毛、レーザー脱毛メリットとデメリット
  • 永久脱毛は本当に「永久」?
  • 毛周期のサイクル
  • 素肌になれる永久脱毛、レーザー脱毛
  • 永久脱毛、レーザー脱毛の種類って?
  • 脱毛においてエステと医療機関の違い
  • 通院期間中の注意事項は?
  • 永久脱毛、レーザー脱毛何歳からOK?
  • ワキガが治るって本当?

永久脱毛、レーザー脱毛比較サイト > 永久脱毛は本当に「永久」?


永久脱毛をすると、もう二度と無駄毛が生えてくることはないのでしょうか。
本当に「永久」に生えてこないのであれば、そんな嬉しいことはありませんよね。
実際どのくらい永久なのか、知りたくありませんか?

何をもって「永久」なの?

「脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が、20%以下である場合」と、米国電気脱毛協会は定義しています。
つまり、二度と生えてこないものを「永久」としているわけではないのですね。
確かに脱毛をした人の感想を聞いても、産毛がうっすら生えてきたもののノースリーブで手を上げても気にならなくなった言う方や、産毛程度の毛が少し生えてくるだけで遠めにはぜんぜん目立たなくなったと言う方などがほとんどです。
二度と生えてこないと断言できませんが、体験した人の言う、産毛が2~3本生えたが気にならないくらいを、「20%以下の再生率」を考えられているのでしょう。

永久脱毛は医療機関のみ!?

本来、「永久脱毛」は医療行為です。ということは、永久脱毛はクリニックなどの医療機関でのみ行うことができるのです。
ではなぜ、エステサロンでも永久脱毛をしてくれるのでしょうか。
これは、世の中の認識がテレビでの告知や、電車の中刷り広告なのによる宣伝により「永久脱毛=エステサロン」となってしまっているからです。
よく見てみると、エステサロンで「永久脱毛」という言葉は使っていません。
ただ、エステサロンでの脱毛でも、脱毛効果は抜群なので、「脱毛が終了して一ヶ月後の時点での毛の再生率が、20%以下である場合」にも当てはまります。
つまり、「永久脱毛」の定義をしっかり把握し、どのくらいを「永久」を言っているのかを理解する必要があります。
最近のエステサロンの宣伝は「安全・確実・お得」といった言葉が強調されており、思わず飛びついてしまいそうになりますが、その前に「どのくらい永久なのか」をはっきりさせておくことが必要です。

トップへ戻る